HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  底なしの闇…菅「脱原発」にちらつく極左テロ組織
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菅直人首相の外国人人脈がクローズアップされている。
3月11日の東日本大震災直前に発覚した、
在日韓国人からの違法献金疑惑に続き、
首相の資金管理団体が拉致事件容疑者の親族関連団体に
多額の政治献金を行っていたことも発覚。
さらに、閣内での調整もないまま思いつきで打ち出した、
「脱原発」宣言にも、あるイタリア人の影がちらつく。

6月29日夜、首相はすし店、焼き肉店をはしごし、
3軒目にイタリア料理店へと向かった。

そこで首相や伸子夫人とテーブルを囲んだのは、
長年「反原発」を唱えてきた弁護士で、
ジャーナリストの肩書も持つイタリア人、ピオ・デミリア氏だ。

デミリア氏によると、
首相とは20年来の家族ぐるみの付き合いだという。
首相は、デミリア氏が東日本大震災の被災地を回り書いた著書、
「放射能という津波」の母国での出版を祝おうと、
わざわざ駆けつけたのだ。

「首相には『日本も脱原発を決めたイタリアと同じく、
原発の是非を国民投票でやりなさい』と言った」

デミリア氏は首相との会合についてこう証言する。
「その場では政治的な会話は何もなかった」とも語るが、
首相はこの日以降、「脱原発」へとアクセルを踏み込んだ。

デミリア氏とは、どんな人物か。
かつて日本に住む外国人に義務付けられていた、
指紋の押捺(おうなつ)を外国人記者として初めて拒否し、
何度も日本への再入国の許可を取り消されたのは有名だ。

さらに、イタリアの極左テロ組織「赤い旅団」との関係も指摘されている。
過激派「赤軍派」の元議長、塩見孝也氏によると、
「本人から、『赤い旅団』メンバーの弁護をしたという、
趣旨の話を聞いた」という。
これに関し、デミリア氏本人は真っ向から否定している。

首相の人脈には北朝鮮につながる「闇」も見え隠れする。
首相や民主党側から、拉致事件で国際手配されている森順子容疑者と、
よど号ハイジャック犯の故・田宮高麿元リーダーを両親に持つ、
長男が所属する政治団体の派生団体に、
総額で2億円以上の献金が行われてきたことが判明した。

「首相が多額の寄付をした団体の代表者は、
マルクス・レーニン主義者であることを隠してはいない。
思想的には極左だ。
極左と民主党が切っても切れない関係にある」。
自民党の礒崎陽輔氏は7月7日の参院予算委員会でこう迫っている。

さらに首相には平成元年、北朝鮮の元工作員で拉致実行犯、
辛光洙容疑者の助命・釈放嘆願書に署名した過去もある。
在日韓国系金融機関の元男性理事から
計104万円の献金を受けていた問題では、
東京地検に立件の可否を問われる事態になっている。

公安関係者は「首相をはじめ反権力を掲げる市民運動家出身の政治家は
極左関係者につけ入られやすい。
思想的に偏った人物とばかり会っているのも疑問だ」と警鐘を鳴らす。

首相と外国との不透明な関係は今後、さらに追及されそうだ。


http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110731/plt1107312220000-n1.htm


関連記事
NEXT Entry
“パクリ中国”アノ通信会社の買収検討か!日本の情報ダダ漏れに
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。