HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  【中国高鉄事故】中国共産党の報道規制命令に香港記者協会が大反発「命令撤回を要求する」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月23日に起きた中国高速鉄道事故。
「死傷者の数が少なすぎる」、
「事故原因がいつまでも明らかにならない」など、
かねてより中国共産党により
報道が規制されているのではないかとささやかれていたが、
初七日を迎えた29日に中国共産党中央宣伝部が全国内メディアに
「独自取材、独自報道」を禁止する命令を出していたことがわかった。

この報道規制に香港記者協会は大反発。
命令には断固拒否、即時撤回を要求する声明を30日に発表した。

声明によると、中国共産党宣伝部は29日に
「事態の迅速な収束のため国家関係部門からの発表の報道のみを許可し、
全ての独自報道と論評の発表の禁止する」と通達してきたそうだ。

わずか1日で、
すでに『21世紀経済報道』『中国経営報』『新京報』など5紙が
記事の差し換えを余儀なくされている。

また、声明の中で
党がこの命令の前にも事故に関する全ての報道は新華社を基準とし、
また事故現場を取材中の記者を
即時撤退させるよう命令していたことも明かした。

同協会は命令を拒否、撤回を要求したばかりでなく、
「党は国民と社会の監視を受け、二度とこのような事故が起きないよう、
徹底的に原因究明をすべきだ」と痛烈に批判。
メディアに中国共産党の用意した結論のみを
報道させることを反対している。

同時に香港を「中国大陸で唯一言論の自由がある地」とし、
その地の報道者として職務を遂行、真相を追究していく姿勢である。


http://rocketnews24.com/2011/07/31/117474/


関連記事
NEXT Entry
大連で原潜から放射の漏れ事故
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。