HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:エネルギー  »  発電単価というのは参考値にすぎない
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原子力の経済性について疑問視されている。
核燃料廃棄物や今回の福島第一原発のような事故の賠償費用を考えれば、
もっと高いのではないか、と思われているようだ。
そこで今回は発電単価とその意味について考えてみたい。

まず、基本的なことだが、
当然だがこれらの発電単価の試算には核燃料廃棄物の処理や、
将来の廃炉にかかる費用などは含まれている。
それが過小評価されているのかどうか、というのは大切は視点ではあるが。
電力会社の決算書などを見ればわかると思うが、
核燃料廃棄物の処理や廃炉の費用は、会計的にも毎年計上されている。

また福島第一原発の事故は、
多くの人が思っているほど巨額なものではない。
政府試算によると4兆円程度とのことだが、
これは10万人にひとり4000万円ずつであり、
かなり多めの試算である、との印象を筆者は持っている。
また福島県の農業産出額は年間2450億円に過ぎず、
農産物の風評被害への補償がそれほど巨額になるとは考えにくい。

それではこの4兆円は
原子力の発電単価にどれほどの影響を与えるのだろうか?
日本の総発電量は年間1100TWh程度であり、このうち3割が原子力である。
原子力を330TWhとすると、
これで4兆円を割ってkWh当たりに直すと12円である。
すなわち4半期ごとに1回、福島第一原発並みのメルトダウンを起こして、
原子力はようやく太陽光発電の発電単価と同じぐらいになる。


続き↓
http://agora-web.jp/archives/1363422.html


関連記事
NEXT Entry
中国系、謎のファンドの正体
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。