HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト【論評】中国  »  読書:「中国人一億人電脳調査」感想 その3
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回と前々回の続きです。
「中国人一億人電脳調査」感想 その1
「中国人一億人電脳調査」感想 その2


この本の著者と文芸春秋社は
中国版ツイッター「新浪徴博」で
「嫌いな日本人は誰か?」という質問を投げかけてみました。

すると多かったのが、

 石原慎太郎
 小泉純一郎
 東条英機

の3人だったそうです。

しかし、石原都知事に関しては
近年、中国の改革派知識人の間で評価が上がっているとのこと。

以下、本文より引用。


 きっかけは中国の人気雑誌『南方人物週刊』、
 (2010年10月18日)に出た石原のインタビュー記事。

 インタビューに先立つ同誌編集部の前書きとしてこう記している。

 「石原慎太郎の名前を言うと、中国の民衆が
 すぐさま次のような沢山の言葉を連想するだろう。
 日本の右翼、反中人物、軍国主義者、民族主義者、
 国粋主義者、扇動者、トラブルメーカー・・・・・・」

 その上で編集部は次のような問題提起を行う。

 「(ポジティブでない)評価を出す前に
 評価される相手とその行為に対して、
 真実に基づいて客観的に認識することこそ
 公認されるべき正しい態度ではないだろうか。」

 実際に石原についてきちんと取材し、
 報道した中国メディアはこれまでなかった。
 「石原=反中」の固定したイメージばかりが先行してきた。

 そこで『南方人物週刊』は
 「まず理解した上で評価する。
 『敵』であっても、その中に忠言が含まれているかもしれない。
 弊誌が『反中分子』を報道する道理は非常に分かりやすい。
 われわれの相手を知り、よりうまく彼に対処するためである」と考え、
 石原インタビューを敢行した。

 インタビューで
 「あなたは反中人士と見られている」と聞かれた石原は
 こう反論している。

 「私は当然共産主義者と対極の立場に立っていますからね。
 断っておきますけれども、私はね、中国文化は好きです。
 中国の共産主義は嫌いなんです。
 中国が経済成長してね、社会が成熟してきたらね、
 たぶん中国でもより多くの人が共産主義に対して
 違う見方をするようになってくると思うね。」

 「反共であっても反中ではない」というのが石原の発言だった。
 「愛国」といって「共産党を愛する」ように強要し、
 体制維持を図る共産党のやり方に反発する改革派知識人たちは、
 石原の意見に共鳴した。
 筆者の友人である北京の人権派弁護士もこの号が発売された直後、
  「(石原を)見直した」と評価していた。

 石原が表紙を飾ったこの号は、数十万部が完売したという。
 いくら日本人から発せられた言葉といえども、
 「中国の共産主義は嫌い」という敏感な文句が、
 削除されずにそのまま掲載され、
 共産党中央宣伝部などからの処分もなかったのは
 異例と言っていいだろう。

 『南方人物週刊』が試みた石原インタビューは、
 共産党のプロパガンダで作られた、
 「歪んだ対日観」を壊すことを目指したものであり、
 逆に言えば、こうした中国に根付いたプロパガンダシステムを
 否定する狙いも込められた、と筆者は見る。


以上です。

私の感想は3つです。

まず、中国のマスメディアといっても
全てが全て共産党べったりではなくて
一定の範囲内ですが、自由にモノを言えるメディアもあるということ。

この「南方人物週刊」という雑誌には
同じ企業グループの「南方都市報」という新聞があります。

この新聞は2010年12月、
劉暁波のノーベル平和賞授賞式の際に
誰も座ってない椅子と鶴の写真を一面に掲載しました。

中国では鶴は「賀」と同じ発音であり、
当局によりオスロの授賞式に出席できない劉暁波の状態を風刺しつつ、
暗に受賞を祝ったわけです。
これは共産党に対する挑戦であり、
ネット上では「南方都市報」の気骨が賞賛されたそうです。

二番目に、これは米国なども同様ですが、
中国の知識人達に石原さんの発言が好まれた理由の一つに
「利害が対立する相手であっても、
信念を持って毅然とした言動をする者を畏敬する」
という感覚があると思います。

外交での交渉ごとでもそうですね。
ハッキリとモノを言い、
自国の国益を勝ち取ろうとする外交官は
「タフ・ネゴシェイター(tough negotiator)」と
相手からも評価されます。

逆に、他国に媚びへつらい、国益をおとしめる人は、
相手に利用はされるけれども、決して尊敬されません。
民主党の菅・仙谷氏や、自民党の河野洋平さんなどがそうです。

三番目に、石原さんの
「反共であれども反中にあらず」という論理は、
日本が今後、国家戦略として中国と対峙していく際に
とても有効であると思います。
特に、かの国の民主化を推進する場合にね。

かつて毛沢東は
「日本の軍国主義者は日中人民の敵」というロジックを使って
日本政府と国民を分断しようとしましたが、
同様に、
「中国共産党は日中両国民の敵」という論法で
かの国に対していけばいいと思います。


なお、この「南方人物週刊」の石原さんへのインタビューは
東京都公式サイトの「知事の部屋」というコーナーに
日本語訳全文が掲載されています。
興味のある方はどうぞ。

 *南方人物周刊:22年10月18日掲載 1
 *南方人物周刊:22年10月18日掲載 2
 *南方人物周刊:22年10月18日掲載 3
 *南方人物周刊:22年10月18日掲載 4



*「中国人一億人電脳調査






関連記事
NEXT Entry
「沖縄独立論」の真意
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。