HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  習近平副主席、ダライ・ラマ14世を批判 強硬路線継承へ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の習近平副主席は19日、
チベット自治区ラサのポタラ宮で行われた、
チベット「解放」60周年記念行事で談話を発表し、
ダライ・ラマ14世を名指しで批判した。
次期最高指導者としての初のチベット視察にその言動が注目される中、
チベット問題において強硬路線が継承されると専門家は分析する。

記念行事の開催を控え、
当局は数週間前から、外国人のチベット入りを禁止した。
ネパールとの国境の一部を閉鎖するなど
海外勢力の動きに警戒を示している。
習副主席がラサに到着後、ポタラ宮への出入りが3日間禁止された。
式典中、銃を手にする警察が各要所に配置され、
記念式典らしからぬ物々しい雰囲気が漂っている。

習副主席は談話の中で、ダライ・ラマ14世が率いるグループによる、
国家分裂活動との戦いにさらに力を入れると明言した。
アメリカ・オバマ大統領との会談で
高度な自治の実現を訴えているチベット仏教の最高指導者、
ダライ・ラマ14世が念頭にあったものと見られる。

チベット問題に関する同氏の初の態度表明に、
ロイター通信は現在の強硬路線が緩和される見通しがないと分析する。

かつて、習副主席の父親である習仲勲元副首相が
パンチェン・ラマ10世と懇意にしていたことから、
習氏が次期最高指導者に就任後、
中国政府のチベット政策が変化する可能性があるとの見方もあった。

これについて、専門家はチベット問題に関して、
既定路線が継承されると見ており、
指導部にいくつかの利益集団が存在しているため、
指導者の更迭で政策を安易に転換することはできないと見ている。


http://www.epochtimes.jp/jp/2011/07/html/d82284.html



関連記事
NEXT Entry
日米同盟の弱体化を警告 マイケル・グリーン氏ら米紙寄稿
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。