HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:欧州  »  ユーロ危機は一段と深刻化
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
統一通貨は幻想だったのか。
ユーロ危機は一段と深刻化。
金価格ついに一オンス=1600ドルという未曾有の新高値圏へ突入。


7月19日、金価格は未曾有の高値圏へ突入した。
一オンス=1600ドル台へ。
日本市場に関して言えば、金は一グラム=4000円台に乗った!

これはユーロ危機の深刻な事態のメタルの裏側。
どうやら統一通貨=ユーロそのものが
幻想だったことを明確に著すことを意味してはいないか?
 
もともと筆者はユーロに懐疑的で、
その第一の理由は主権を放棄した通貨連合は、
金利政策と通貨政策の放棄であり、理論的には成立しにくい。
ユーロは「統一通貨」というよりも、欧州の「野合通貨」と言える。

ギリシアに端を発したユーロ危機は、
アイスランド、スペイン、ポルトガルへと飛び火し、
つぎにイタリアを襲う。
ギリシアの債務不履行はなんとか逃れたが、
これは当面の危機をごまかして回避しただけのことであり、
抜本的な治療ではなかった。
 
基本の改善とはギリシアなどがユーロから離脱するか、
あるいはドイツがユーロから抜ける以外、
残された手段はないのではなかろうか。
 
本物の危機が近づいてきたのである。

この結果、日本円が急騰し、
反射的に南欧の国債が軒並み暴落を演じ、金利が上昇する。
したがってウォール街の株価は下がり、日本株の連れ安となり、
一寸先は闇の金融市場となった。

ユーロ危機による大混乱はしばらく続きそうである。


http://melma.com/backnumber_45206_5241119/



関連記事
NEXT Entry
幸福実現党とツイッター その3
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。