HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:韓国・北朝鮮  »  自民党議員の鬱陵島への訪問「領土侵害、絶対に許容しない」=韓国
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の自民党「領土に関する特命委員会」の
新藤義孝委員長代理は15日の会見で、
8月1日から一部議員とともに鬱陵島を訪問することを明らかにした。
韓国の李在五特任長官は16日、「すべての組織を動員してでも、
日本の議員の鬱陵島進入を防ぐ」という立場を示した。
複数の韓国メディアが相次いで報じた。

李長官は自身のツイッターを通じ、
日本の議員らの目的に「独島(日本名:竹島)を
国際紛争地域にしようとする事前陰謀や、
独島の領有権を主張しようとする計略が隠れているならば、
これは明白な大韓民国領土主権への侵害だ」と主張。
続けて、こういう目的の訪韓は受け入れられないし、
「特に鬱陵島訪問は絶対許容しない」と強調した。

日本の自民党に対しては、
「即座に訪問計画を取り消すことを望む」とした上に、
「軽く聞き流さないように願う」と警告した。
李長官はまた、日本に強く対応することを政府に訴え、
「国土海洋部は独島総合海洋科学基地を
急いで建設しなければならない」と主張した。

一部の韓国メディアは、
外務省が大韓航空の竹島領空での試験飛行に抗議し、
大韓航空の利用自粛を指示したことに続き、
日本の議員らが鬱陵島訪問を推進しながら
「日韓両国の葛藤が再度拡大している」と伝えた。


http://news.livedoor.com/article/detail/5715372/



関連記事
NEXT Entry
拉致問題~なぜ解決しないのか?どうすればよいのか?
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。