HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:欧州  »  民主主義か、商売か?理念か、現実か?サウジアラビアへのレオパルド戦車輸出でもめるドイツ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特ダネを出したのは、
ニュース週刊誌『シュピーゲル』のオンライン版だった。
"ドイツがサウジアラビアに主力戦車200台を輸出!" 
すでに売買が成立したように取れる見出しであったが、
その後、「契約はまだ成立していない。
したがって、記事の内容を適切なものに変更した。
間違いをお許しいただきたい」との訂正記事が出た。

しかし、そんなことは、もうどうでもいい。
ドイツ国民はやおら、
「何? サウジアラビアに戦車を輸出?」と耳をそばだて、
メディアはさっそく戦車の型やら、
すでにこの戦車がどこの国に輸出されているかを書き、
もちろん野党はここぞとばかりに声を張り上げたので、
ついに6日の国会は蜂の巣をつついたような大騒ぎになってしまった。
武器、それも主力戦車の輸出ともなると、
やはりドイツでも皆、興味津津だ。

問題の戦車はレオパルド2。
生まれてこのかた戦車に興味を持ったことはなかったが、
調べてみたら、優れモノのハイテク戦車である(当たり前か!)。
これについては後述。

ドイツは実は、
アメリカとロシアに次ぐ世界第3位の武器の輸出国なのだそうだ。
いつも平和の使者のような顔をしているので、
武器の大商人とは知らなかった。
しかしそういえば、環境大国としてCO2削減を世界中に提唱しながら、
人間の一番多い中国に熱心に車を売っているのもドイツである。
それでいて、理性の国のイメージは絶対に崩さない。
このしたたかさ、日本も少し見習ったほうがいいかもしれない。

さらに驚いたのは、ドイツの一番のお得意さんがギリシャで、
全武器輸出の15パーセントがギリシャ行きとのこと。
この国は、破産を食い止めるために
ドイツから多額の借金を重ねながら、ドイツの武器を買っているのだ。
ドイツ国民の血税の一部は、
ドイツの軍需産業に還元されているということなのだろうか。


さて、サウジアラビアがレオパルド2に触手を伸ばしたのは、
何も今回が初めてではない。
すでに1980年代、SPD(社民党)のシュミット首相が
売却の許可を出しているが、
当時、政府内での反対が激しく、結局、商談成立には至らなかった。
その後1982年、政権はCDU(キリスト教民主同盟)に移ったが、
新首相コールは2度とサウジアラビアへの戦車の輸出を認めなかった。
その理由は、サウジアラビアがイスラエルと敵対していたからだ。
ドイツは道義上、イスラエルの敵になる可能性が少しでもある国には、
武器を売ることはしない。

今回、野党が大騒ぎをしている理由は、
しかし、イスラエルではない。
イスラエルの軍隊はすでに精鋭で、いくら優れモノといえども、
たかが戦車ごときが国家防衛の脅威にはならない。
しかも今では、サウジアラビアとイスラエルは、
イランという共通の敵が出来てしまったので、
"敵の敵は味方"の法則により、敵対はしていないとみられる。
では、何が問題かというと、
サウジアラビアが反民主主義の国家であることだ。

原則的にドイツは、紛争地帯や治安不穏な地域、
あるいは、反民主主義的な思想を持つ国家には、
戦車や戦闘機など大きな武器は輸出しないことになっている。
つまり、その理由によって、
今までアラブ地方への戦車の輸出はなされていない。
アラブ、イラン、北アフリカは、欧米式の民主主義を採らない国が多く、
しかも常に紛争の火種を抱えている。

特に現在、アラブ地域では民衆の一揆が盛んで、
チュニジアもエジプトも長年の独裁政権が覆った。
そして、シリアとリビアは内戦状態。
イエメンやバーレーンでも、民衆のデモが起こっている。

その、2月に起こったバーレーンの民衆の反政府デモを
残酷に押しつぶす手助けをしたのが、サウジアラビアの軍隊だった。
つまり、サウジアラビア政府は民主主義の抑圧に尽力しているわけだ。
そんな横暴な国家に戦車を輸出すれば、近いうちに、
ドイツ製の戦車が無辜のアラブ民衆をなぎ倒すことになりかねない。
それは決してあってはならないというのが野党の反対理由だが、
確かに一理ある。
そんなことになれば、ドイツ人は寝覚めが悪いに違いない。

ドイツでは、武器の輸出許可は国会の承認を必要としない。
輸出を許可するかどうかを決めるのは、
内閣のメンバーで構成された連邦安全保障委員会というところで、
会議は秘密裏に開かれ、時期も内容も一切公表する義務はない。
一年以上たってから、軍備報告書が提出されるだけだ。

連邦安全保障委員会の構成メンバーは、
首相、外相、内相、財相、法相、国防相、
経済技術相、経済援助相などだが、
今回、秘密会議の内容が
マスコミの知るところとなってしまったということは、
おそらくこの中の誰かが故意に漏らしたと考えられるため、
メルケル首相はカンカンらしい。


一方、野党は、ここまで明るみに出てしまったのだから、
連邦安全保障委員会は従来の機密のカーテンの後ろに隠れることをやめ、
状況説明をするべきだと迫っている。
そもそもこの委員会は、1955年にアデナウアー政権の下で作られた、
連邦国防委員会をそのまま継承したものだ。
当時は、西ドイツはソ連の脅威にさらされており、
その後の冷戦下でも、国防軍の組織と運営は最重要課題であった。
国防が国家機密に属していたのも頷ける。

ところが今では状況は変わり、
ソ連は存在しないし、その他の軍事的脅威もない。
つまり、現在、同委員会の主な仕事は、
武器の輸出の許可だけといってもよい。
これを極秘にする意味があるのかという疑問が湧くのは、
当然のことだろう。
議会に委ねたほうが民主的だし、時代にも即している。
しかし、委員会のメンバーは耳を貸さず、鉄の沈黙を続けている。

6日に召集された国会では、野党の激しい攻撃が続いた。
さしずめ日本なら、「こういう場合に首相が頑なに沈黙なさるのは、
いかがなものかと・・・」などとやんわりやるのだろうが、
ドイツではそうはいかない。
しかし、敵もさるもので、攻撃目標のメルケル首相を始め、
閣僚の椅子はすべてもぬけの殻。全員欠席だ。
どうせ黙秘するのだから、
のこのこ出てきて罵倒されるだけ損だということだろうか。

続いて8日に開かれた国会、
この日はメルケル首相を始め、ほとんどの閣僚が出席していたが、
やはり完全黙秘で、動議は却下。
政治家というのは、必要とあれば、めっぽう口の堅い人たちなのである。

そのうえ、与党FDP幹事長のリントナーは、
SPDと緑の党の連立政権であった1998年から2005年の間に、
いかなる武器がサウジアラビアに輸出されたかを長々と読み上げた。
何のことはない、大量の自動拳銃や対戦車砲まで含まれている。
というわけで、いつの間にか攻撃している方もされている方も
同じ穴の狢になってしまい、野党は頭に血が上ったままだ。


さて、問題のレオパルド2というのは、
ミュンヘンのクラウス-マッファイ・ヴェクマンという会社が主になって、
1979年からシリーズで製作している純ドイツ製の戦車だ。
世界一優秀な戦車という評判らしい。
火力が大きく、命中率が高く、乗員の安全性も高い。
毎時72キロという高速で疾走し、
しかも、操縦しやすく小回りが利くという話だ。

サウジアラビアが買おうとしているのは、
最新型のレオパルド2A7+で
従来の機能に、さらに市街戦向きの機能が加わっているという。
つまり、バリケードを突破したり、
デモ隊を蹴散らしたりするのに適しているわけで、
そのために、サウジアラビアはこれで、
民主化を求める民衆を威嚇・攻撃するのだろうという疑いが持たれている。
色も緑やグレーではなく、都市迷彩といって、
ブルーやベージュのパズルのような柄にもできる。


現在、すでにレオパルド2を所有している国は、
チリ、デンマーク、フィンランド、ギリシャ、カナダ、オランダ、
ノルウェー、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、スイス、
スウェーデン、シンガポール、スペイン、トルコだが、
実は、中古の取引も多い。
それに比して、サウジアラビアは新品の最新型が欲しいらしいから、
ドイツの軍需産業が目の色を変えるのも無理はない。
200台で、売り上げは15億から17億ユーロになると推察され、
関連産業の株価も上がり始めているという。

ちなみに、中古のレオパルド2を
一番熱心に売っていたのはドイツ国防軍だそうだ。
現在、軍縮で小さくなってしまった国防軍は
レオパルド2を350台所有しているだけだが、
冷戦時には2000台以上の展開能力を持っていた。
余っているレオパルド2の買い手は、ちゃんといる。
世界は、まだまだきな臭いのだ。

さて、ドイツ政府は、戦車の商談については口を閉ざしたままだが、
サウジアラビアは現在の中近東で安定している数少ない国の一つで、
したがって、ドイツがこの地域での影響力を強化していくために、
サウジアラビアと緊密な戦略上のパートナーシップを結ぶことが
重要であるという見解は出している。
なんとなく、言い訳っぽい。

どうせなら、
「民よ、17億ユーロだ! これを棒に振るのか?!」と言った方が
分かりやすいような気がするが、
そうは言えないところが辛いところだろう。
民主主義か、商売か? 理念か、現実か? 永遠の問題だ。

いずれにしても、もし『シュピーゲル』の特ダネが真実ならば、
ドイツ政府は沈黙したまま、これまで30年も貫いてきた、
「紛争地域や反民主主義国家に戦車は輸出しない」という方針を
180度転換することになる。
今後の成り行きを見守るのがとても楽しみだ。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/12294


関連記事
NEXT Entry
自民領土特命委、韓国・鬱陵島に議員派遣へ 竹島問題で視察
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。