HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:米国  »  米政府、財政赤字削減交渉で攻勢―共和党が4兆ドル規模断念で
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米政府・民主党と共和党議会との財政赤字削減交渉をめぐって、
共和党指導部が大規模な赤字削減を目指すことを
断念する意向を示したのを受け、
政府側は攻勢を強めるとともに合意に達するとの自信を示している。
ただ、合意の時期や中身に関しては依然として不透明だ。

ベイナー下院議長(共和、オハイオ州)は9日、
今後10年間で4兆ドル(約325兆円)の赤字削減案について、
政府側が歳出削減の見返りに
増税を主張する姿勢を変えていないことを理由に、
大規模削減案の追求を断念し、
増税を含まない小規模な削減案で合意を目指す意向を表明した。

ワシントンでは、
ベイナー議長とオバマ大統領は1兆ドルの歳入増と
2、3兆ドル程度の歳出カットからなる赤字削減案で
合意に近づいているとの観測が高まっている。
同案では、メディケア(高齢者向け公的医療保険)や
メディケイド(低所得者向け医療保険)など、
エンタイトルメント・プログラム(法律で定められた各種給付制度)の
削減が盛り込まれる見通し。

デーリー大統領首席補佐官は10日ABCテレビとのインタビューで、
共和党は4兆ドルの削減案を拒否することで
政府を攻撃しようとしていると批判し、
「大統領は引き続き大規模な削減案での合意形成を目指している」
と述べた。

ガイトナー財務長官はNBCテレビのインタビュー番組で、
ベイナー氏は一般共和党員の増税反対派の圧力に
屈していると述べるとともに、
共和党指導部は小規模な赤字削減でも
党内の合意を取り付けるのは容易ではないだろうとの
見方を明らかにした。

これに対し、共和党指導部は10日、
政府側が主張している増税について、経済に打撃を与えるとして、
共和党が多数派を占める下院では支持を集める可能性はないと述べた。
マッカーシー下院共和党院内幹事(カリフォルニア州)は
CNNテレビで「我々は原則として
増税を受け入れるつもりはない」と強調、
マコネル上院共和党院内総務(ケンタッキー州)はフォックステレビで、
「共和党は小規模な赤字削減を代替案として考えている」と述べた。

財政赤字削減交渉は、
現在14兆900億ドルの国債発行限度の引き上げの前提となるもので、
8月2日までに国債発行枠が増額されなければ
米国はデフォルト(債務不履行)に陥る恐れがある。


http://jp.wsj.com/US/Politics/node_270799


関連記事
NEXT Entry
チェルノブイリの被害を過度に報告する研究者 研究費のため
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。