HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  ストレステスト項目と予想結果
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストレステストの項目についてであるが、
安全審査基準は現在、原子力安全委員会で作成中で、
今年度末にまとめる予定である。
しかし、突如、ストレス実施となり、7月6日に急遽、
保安院に向けて安全性に関する総合評価を送りつけている。
その報告書の趣旨が下にあるような項目である。

テスト細目は経産省保安院で作ることを求めている。
その細目を安全委員会は待つ姿勢である。
細目を評価した上でテストの実施になる。

しかし、保安院は、
すでに福島原発事故の問題点のテストを実施したという立場であるが、
班目委員長は、
「万一、安全性が確保できていないということがわかった場合には、
それなりの対応をするまでは、当然、運転すべきではない」という。

保安院は、原発を動かす目的で、
問題点の対応は計画書を提出すれば、
当面は運転ができるということで安全審査をしていたが、
安全委員会は、問題があれば、すべて止めることであるという。

2つの機関の考え方に、大きな違いがある。

安全委員会の項目をみると、
過去の地震や津波の情報を網羅して考えることと、
活断層の情報を重要視することである。

原発銀座の若狭湾でも、
今までは津波がないとされていたが
15m以上の津波が来た歴史的な文献が発見されている。
関電原発のほとんどが若狭湾にあるので、
橋下知事の原発停止の主張が実現されることになり、
おめでとうございます。
関西の住民の皆様、ご愁傷様です。
夏には知事の言うようにエアコンを消してお過ごしください。

そして、この近くの志賀原発も津波対応ができないのでダメ。
もちろん、プレートに近く地震と想定以上の大きな津波が来る浜岡、
東通、女川、東海、川内、伊方は当然ダメでしょうね。
防波堤を作るのに2年程度はかかるからそれまでは無理。

東電の柏崎刈谷原発も近くに活断層があるので停止になる。
この時点で稼動可能な原発は泊、島根、玄海の3つの原発しかなくなる。

しかし、既存原発は全交流電源喪失を考慮していないので、
予備電源を持つとするが、
多重障害に配慮するというので無理があり、
新型の全交流電源喪失でも冷却ができる原発にしないと
稼動できないことになるそうである。

ということで、全原発停止が、
来年の5月まで待たずに実現することになる。

原発を止めたいという一念で
経済などを考慮しない駄々っ子が首相を勤めると、
ストレステストも原発を停止させる手段になる。

これまでは、原発を動かすために、
ストレステストを実施して
安全性と経済的な観点を両立させようとしたが、
残念ながら、それを止めるために強引に実行するようである。

こうなると、本腰を入れて火力増強に邁進するしかない。
当面は過去に動かした石油火力や石炭火力を
再度稼動可能にすることである。
また、自家発電の系統への接続で買取り強化と、
2万kw程度のLNGガス火力を都市で行い、コジェネとして使いことである。

また、流水式水力や地熱についても
本腰を入れて取り組む必要がある。
そのためには、規制の緩和が重要だ。
水利権という問題がネックになるが、水力権は別次元にする必要がある。

 ==============================
 原子力安全委員会の東電福島原発事故を踏まえた
 季節の原発の安全性に関する総合評価に関する報告について
 平成23年7月6日

 1.地震および津波といった自然現象
 2.全交流電源喪失時対応
 3.シビアアクシデント対策

 について多重防護を明示、失敗時を仮定してシナリオを描くこと
 地震などについては、過去の事例の知見を活用すること
 ==============================


http://archive.mag2.com/0000018239/20110709122000000.html



関連記事
NEXT Entry
中国:武漢市にみる開発無謀
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。