HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:韓国・北朝鮮  »  生物兵器テロ想定、米韓が図上演習 5月、北朝鮮意識か
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米韓両政府が5月、ソウルで
生物兵器テロを想定した初の合同図上演習を実施したことがわかった。
国際テロ組織による犯行との想定だが、
生物兵器を保有する北朝鮮も意識したとみられる。
関係者の間では日本も加えた3カ国の共同対応を求める声も出ている。

米国防総省や韓国国防省、在韓米軍などの関係者約100人が参加。
韓国で炭疽(たんそ)菌入りの手紙が配達されたケースなど
2通りのシナリオで、被害の拡大防止などを巡り演習をした。

米国は、韓国内の関係機関による総合的な体制づくりを急ぐよう要請。
米韓協力体制の構築も求め、
今後も定期的に演習を実施することで大筋合意した。

関係者によると、演習は米側の要請。
米国では2001年に、
米議会などに炭疽菌入りの郵便物が届く事件が発生し、
以後、国内で生物兵器テロへの対応策を急いできた。

今回は、米軍が生物兵器テロを巡って
他国と海外で実施する初の合同演習だという。
関係者の一人は「海外にいる米国人をテロから守る演習」と説明。
3万人近い在韓米軍など、
米国人の居住者が多いことを考慮したとみられるが、
演習は軍が主体となっており、
北朝鮮の生物兵器も意識した可能性が高い。


http://www.asahi.com/international/update/0706/TKY201107060729.html


関連記事
NEXT Entry
テマサク、対中国投資スタンスを変更
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。