HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  自衛隊、馬毛島に集結拠点…南西地域の防衛強化
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
在日米軍の空母艦載機離着陸訓練(FCLP)移転候補地として
日米共同文書に明記された鹿児島県西之表市・馬毛島について、
防衛省は2日、南西地域の防衛態勢充実に向けて
同島に整備する自衛隊施設の概要や
FCLPの飛行ルートなどを明らかにした。

南北方向に滑走路を造成し、離島侵攻に対応した訓練場も設置。
大災害や離島侵攻が起きた場合、
全国の陸海空自衛隊が集結・展開する拠点とする。
同省の試算では地元自治体への交付金は10年間で約250億円となる。

この日、小川勝也副大臣が西之表市を訪れ、地元首長らに説明した。
これによると、自衛隊施設では、
エアクッション型揚陸艇や輸送ヘリでの上陸のほか、
空挺(くうてい)部隊の降下などの訓練を日常的に行う。
陸海空自衛隊の拠点として活用し、支援物資などを備蓄する。
自衛隊員が常駐し、宿舎を種子島に整備。
米兵の宿舎は馬毛島内に整備する。

また、FCLPの飛行ルートは、昼間より夜間の方が広くなるが、
馬毛島の東約12キロにある種子島の騒音は
新幹線の車内並みの70デシベル未満に抑えられるという。

6月21日に開かれた、
日米安全保障協議委員会(2プラス2)の日米共同文書では、
同施設はFCLPを恒久的に実施するとともに、
「南西地域における防衛態勢の充実の観点から、
大規模災害を含めた各種事態に対処する際の活動を支援する」施設と
明記された。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110702-00000557-yom-pol



関連記事
NEXT Entry
画像:JT-8中国の艦載機用練習機
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。