HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  中国、インドが進める空母保有 金食い虫を維持できるか? 
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空母という軍艦は、派兵やいわゆる砲艦外交にはうってつけだが、
保有するには実に手のかかる代物でもあるようだ。

現在、世界の空母保有国は、
アメリカ、ロシア、フランス、タイ、イギリス、イタリア、
スペイン、インド、ブラジルの9カ国。
保有数はアメリカの10隻以上を除き、各国1ないしは2隻。
アジアではインドとタイが各1隻だ。
では運用や稼働面はどうなっているのだろうか。

空母は、建造費、維持費、人件費などとにかく金食い虫のようだ。
基本的に空母を含め軍艦は、最低でも3隻のローテーションなくしては、
その能力を充分に発揮できず、実戦配備用、訓練用、
そして点検・修理用の各1隻が必要となるといわれている。

また空母単独では敵の攻撃を防ぎきれないため、
サポートする軍艦も欠かせない。
当然、関わる人員も大所帯となり人件費もそれなりにかさむ。
そのため、実質空母の持つ能力を活かしきれているのは、
アメリカだけという見方もある。

空母の建造費は、
東日本大震災の救援支援に参加したロナルド・レーガンなど、
アメリカが保有する排水量9万トン超クラスで、
船本体のみ一隻約45億ドル(約3700億円)から
62億ドル(約5000億円)。
もちろん、搭載する戦闘機や船に備える武器の費用は別途必要となる。

そんな財政難で汲々とする多くの空母保有国を尻目に、
異彩を放つのが先頃はじめて政府高官が公式に空母建造を認めた中国だ。
中国は、1998年に 2000万ドル(当時のレートで約28億円)で、
ウクライナからスクラップとして購入したはずの
空母「ワリヤーグ(排水量6万7500トン)」を改装し、
これを訓練用に使う。他に2隻以上を新規に建造中とみられており、
世界で10番目となる空母保有国への道を邁進中だ。

さらにもう1ヵ国、
アジア地域には複数の空母保有をめざす国として、インドがある。
こちらはすでに保有する1隻に加え、1隻を新規建造、
そしてもう1隻はロシアから購入するなど着々と3隻体制を整えつつある。 
インドは2004年、
ロシアの退役空母「ゴルシコフ(排水量4万5500トン)」を、
改修費9億7400万ドル(当時のレートで約920億円)で購入を決めた。
とこが改修費がかさみ、
一時は総額29億ドル(約2750億円)まで膨れ上がる。
おまけに2008年完了予定の改装工事も、遅々として進まない。
その後、度重なる交渉を経て、2009年末にようやく合意。
最終的には金額23億ドル(約1900億円)、
引き渡しは2012年末となった。2011年春からは乗員訓練も始まり、
今のところは予定通り進んでいるという。

各国が空母を必要とする事情はさまざまだが、
保有するには経済力が欠かせないようだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110625-00000001-sh_mon-bus_all

関連記事
NEXT Entry
毛沢東批判で大論争 米紙「中国を彷徨う赤い幽霊」
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。