HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国が「世界の工場」という神話が崩れ、内陸部へ工場移転したら
賃上げは回避しても奥地から沿岸部への輸送費は
米国までの海運コストより高い。


猛烈な賃上げによって沿岸部での製造業がコスト倒れ、倒産、夜逃げ。
広東省はとくに酷く、旧正月があけても
三割の労働者が田舎から帰らず、新規雇用はままならず。
賃金を過去四年間、
毎年20%アップという優遇条件をしめしたメーカーでも、
労働者の15%が戻らなかった。
 
中国の製造業は世界の五分の一を占める。
その製造業、下請け、孫請けなど部品ならびに加工、
組み立て工場は広東省の珠江デルタ地帯に集中しており、
なかでも世界的に有名なのはiPadを生産する、
台湾系FOXCOM(郭台銘会長)だが、
二月にも賃金を25%アップしたばかりだ。

2015年までに年率30%の賃上げがあり、
環境、福利厚生、電気代、社会保険などのコスト増加も加味すると、
中国での生産コストは、ちょうど北米大陸のそれと並ぶ。
 
つまり中国で生産する意義は消えて無くなる。

さて、「そうであるならば」とばかり
沿岸部から内陸部に工場を移転させたメーカーは、別の難題に遭遇した。
 
最初に移転した企業は
電力、水道の未整備というインフレ遅れに直面したが、
雇用は得やすかった。
ただし熟練工が殆ど不在で、賃金が安いのもそれなりの理由があった。

過去三、四年のあいだに進出した企業はインフラでは悩まされないが、
新しい難題が待ち受けた。

半導体のような小さな部品ならば空輸という手もあるが、
風袋が大きい物資は内陸部から鉄道、トラック輸送となる。
そのコストは沿岸部から米国へ輸出する海運の運賃よりも高い場合があり、
何のための移転であったのかと反省する企業も多い
(英誌エコノミスト、3月10日号)

悲鳴をあげている工場地帯は広東省、江蘇省、上海、浙江省、
それに加えて山東省、福建省、天津、遼寧省など。

それにしても安い労働力という神話は残る。
成功した富豪も多いが、十億の民は貧困に喘いでいる。

近年、どうやら中国の「ジニ係数」が0・5を超えたようである。
最悪の数字である。
 
ジニ係数は
貧富の落差、特権階級の冨の独占度合いをはかるインデックスで、
日本のような万民平等社会でも0・19程度、
アメリカは貧富の差が激しくて0・30前後、北朝鮮が045、
従来は中国のそれは0・43程度と推計されてきた。
 
特権階級はつぎつぎと資産を海外へ隠匿している現状は
すでに何回か報じた。


http://melma.com/backnumber_45206_5514317/


関連記事
NEXT Entry
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。