HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:韓国・北朝鮮  »  核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国と北朝鮮との奇妙な合意が発表された。
2月29日のことである。
北朝鮮の核兵器開発を停止させることを巡る合意だった。

「奇妙」とあえて書いたのは、その欠陥もあらわな内容、
そしてこの発表の予想外のタイミングなどのためである。

この合意では、北朝鮮が寧辺でのウランの濃縮活動を一時停止するという。
さらには核兵器に関する活動や
長距離ミサイル発射実験をも一時停止する代わりに、
米国から24万トンの栄養補助食品の提供を得るというのだ。

合意には、ウラン濃縮活動の停止を監視するための
国際原子力機関(IAEA)要員の復帰を
北朝鮮が受け入れる内容も盛り込まれた。

こうした骨子を表面で見る限り、
北朝鮮がかなりの譲歩を示したように見える。
米国側の大きな譲歩は見当たらない。

米国側は今回の北朝鮮の合意を驚きをもって受け止めたと言える。
金正日総書記の死からまだ2カ月ほど、
若くて未経験の金正恩氏の後継体制がまだ基盤固めができていない時点で、
このような重要な対外政策の修正を公表したことは、
米国をはじめとする諸外国の北朝鮮ウォッチャーを驚かせたわけだ。
なぜこれほど早急に、という点も不可解である。


<秘密施設で続けられているウラン濃縮>

この米朝合意について、米国議会調査局で長年、
朝鮮半島情勢を専門に研究してきたラリー・ニクシュ氏は、
この合意を歓迎しながらも、
北側が国際査察を認めるという寧辺地区以外の秘密施設での
ウラン濃縮核弾頭開発の危険性などを指摘した。

現在は大手シンクタンクの
戦略国際問題研究所(CSIS)の研究員を務めるニクシュ氏は、
まず今回の米朝合意を「北朝鮮の核兵器やミサイルの開発を
一部的に制限する点で歓迎できる」と評価する。
その一方、米国が最も懸念するウラン濃縮による核弾頭開発について、
「IAEAによる査察の受け入れが周知の寧辺地区だけに限られており、
北朝鮮の他の地域に明らかに存在する複数の秘密施設での
ウラン濃縮の動きは自由となる危険が残る」と指摘したのだった。

北朝鮮はそもそも米国や韓国などとの6カ国協議で、
当初はプルトニウムによる核爆弾製造についてだけ取り上げ、
その停止の求めに応じる構えを見せながら、
実は秘密裏に「もう1つの核爆弾製造への道」であるウラン濃縮を
着々と続けていたのである。
米国側は北朝鮮にうまくだまされていたのだ。
だから今回の合意でも北朝鮮が公式に誓約する言葉は、
そう容易には信用できない。

そして何よりも、北朝鮮は
IAEAが国内の任意の施設を査察できることには同意していないのである。


<北朝鮮の核ミサイル配備はもう間近>

ニクシュ氏は、北朝鮮の核爆発実験や
長距離ミサイル発射実験の一時停止合意についても、
重要な点を強調した。

「北朝鮮の核実験の停止自体は米国を利するが、
北朝鮮側がいま最大目標とする核弾頭の小型化、軽量化は、
もう核実験を必要としない段階まできた恐れがある。
ノドン・ミサイルへの核弾頭装備による、
韓国や日本への脅威は去っていない」

ニクシュ氏は、北朝鮮がすでに
核弾頭のミサイルへの装着のための技術や設計図を取得したため、
あえてその目的に必要な実験は
断行する必要がなくなった、と言うのである。
だからノドン・ミサイルに核爆弾が装備された時、
まずその射程に入る日本や韓国への
「核の脅威」は消えていないというのだ。

ニクシュ氏は以下のようにも語った。

「北朝鮮が開発を進める長距離ミサイルの『ムスダン』は、
これから発射実験をしなくても、
北が緊密な絆を保つイランやパキスタンの
同種のミサイルの開発と実験の資料入手で補える可能性が高くなった」

ムスダンというのは最小限、
グアム島まで射程内に収める中・長距離のミサイルである。
ニクシュ氏は北朝鮮が核弾頭をミサイルに装備することに
いまや全力を挙げてきたとして、次のような警告をも発している。

「北朝鮮を巡る環境がこれまでのままだと、
核弾頭のミサイル装備はこれからの1~2年の間に必ず実現されてしまう。
今回の米朝合意はその展望を変えるとは思えない」


<食糧獲得だけが合意の目的だとは思えない>

米朝合意の内容を発表通り受け止めると、北朝鮮は米国側から
栄養補助食品24万トン提供以外の譲歩をほとんど引き出さないままに、
核やミサイルの実験停止に応じたこととなる。
では、北朝鮮がそれほどこの食糧、つまり栄養補助食品が欲しかったのか。
ニクシュ氏はこの点についても興味ある論評をした。

「北朝鮮側の今回の譲歩には
食糧獲得以外の複雑な政治的動機があると思う。
なぜなら北朝鮮は昨年の最後の3カ月に
中国から合計50万トンもの食糧援助を得ているからだ。
今は食糧危機はないため、今回の譲歩は今後の対米交渉で
より大きな目標を目指すための切り札とするのではないか」

こう見てくると
今回の米朝合意は欠陥だらけの構図が浮かび上がってくる。
そしてタイミングも北朝鮮の動機も、
なにか奇妙で、説明がつかないままなのだ。

特に日本にとって切迫した北朝鮮の核弾頭の小型化、
軽量化の成功によるミサイルへの核弾頭装備という危機は
少しも遠のいていないことが明白となるのである。


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34694


関連記事
NEXT Entry
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。