HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  F35 価格高騰、納入遅れ 「見切り発車」高いツケ 同盟国間では周知の事実
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本による最新鋭戦闘機F35導入をめぐっては、
昨年12月の選定前から、米国防総省幹部らが
機体の不具合など開発遅れに関する懸念を表明、
価格の高騰や納期の遅れを危ぶむ声が高まっていた。
今回明らかになった、導入見直しもあり得るという日本側の働きかけは、
選定条件である価格と日本企業参加への確証を米側から得ないまま、
見切り発車的にF35導入を決めた可能性が高いことを裏付けた形だ。

日本周辺では最近、中国がJ20(殲20)、ロシアがT50など、
第5世代と呼ばれるステルス戦闘機の開発を急ピッチで進め、
防空をめぐる安全保障環境は悪化しつつある。
加えて、F4は老朽化が著しく、
後継機として白羽の矢が立ったF35への期待は大きい。

レーダーに捕捉されず、静かに攻撃目標に近づいて
「圧倒的な破壊力」(製造元のロッキード・マーチン社)を
発揮するF35。
米軍は機動性を重視した空軍、空母艦載型の海軍、
垂直離着陸型の海兵隊仕様の3機種を開発中で、
最終的には2443機配備する方針だ。

しかし、3機種の開発と生産を
同時並行で進めた米軍の調達方法がもはや限界に達し、
価格高騰と納期の先送りが不可避という厳しい現実は、
日本を除く同盟国間では周知の事実だ。

F35の開発と生産に責任を持つ、
内局トップのケンダル米国防次官(調達・技術担当)代行は
「試作機の試験飛行前に生産を決めたことは失敗だ。
生産ペースを遅らせるため、機体価格は高騰する。
同盟国の買い控えも価格高騰の原因」と指摘。
シュワルツ空軍参謀総長も「量産計画の決定時期は未定」と語っている。

米国自身、2013会計年度予算案でF35の一部取得を遅らせ、
13~17年度までの5年間で179機分の先送りを発表した。

財政難に悩む共同開発国のイタリアは
当初調達予定の131機から41機減らし90機に修正し、
7年間で65機を調達予定のカナダ、
18年までに14機調達予定のオーストラリアも計画の見直しを表明した。

F35の選定後になって
価格維持と日本企業参加の確証を求める日本側だが、
米関係筋は「契約にもないのに米側が価格上昇分を
米国人の税金で穴埋めしてまで日本に売却することはあり得ない」と言う。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000096-san-int


関連記事
NEXT Entry
イスラエルがイラン攻撃の場合 「大規模、複雑な作戦」
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。