HOME   »  【論評】日本
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから数十年、日本は
中国と対峙していくと予想されています。

軍備増強、覇権拡張に余念がない中国。
GDPで日本を抜いて世界第二位になった今、
一位である米国に追いつき、
まずは東アジアにて勢力圏を拡大し、
最終的には世界そのものの秩序を握ろうと狙っています。
思考パターンはかつてのナチスドイツそのものですね。

そういう状況の中で
一部の先見性ある日本人はこの危機に気づいていますが、
同時に気づけば気づくほどに
日本の未来に対して悲観論が漂い始めています。

日本がこの調子でいくと
中国に飲み込まれるのではないか?
中国の一省に成り下がってしまうのでないか、とね。

まあ、確かに中国の急激な経済成長と
その国力に裏打ちされた軍事力の拡張は脅威ですが、
私は恐るるに足らないと思っています。
少なくとも70年前の前大戦での絶望的な状況に比べれば
今回の事態は楽勝といってもいい。

ここで日本を取り巻く国際環境を俯瞰すると、
中国は確かに大国ではありますが
彼らの致命的な弱点は、信頼するに足りる同盟国が無いということです。
向背つねなき北朝鮮とインド絡みでパキスタンがいるぐらいですか。
ロシアは盟友とは言い難く、
ラオス・ミャンマーはASEANの枠組みに取り込まれてます。

逆に日本は、世界最強の国家である米国が同盟国であり、
他に中国と対峙する存在として
朝鮮半島に韓国、海峡を挟んで台湾、
南シナ海でつばぜり合いをしているASEAN、
(特にベトナムとフィリピン)、
さらにオーストラリアとインドがあります。

GDPで言うと
日本は中国とほぼ同レベルの世界第三位、
米国は文句なしの第一位であり、
この対峙の構図だけを見るならば楽勝と言ってもいい布陣です。

前大戦での孤立した絶望的状況。
遠く欧州のドイツ・イタリアと結び、
強大な連合国に各個撃破された70年前の戦争。
あの時とは比べものにならないぐらい楽な構図だと思います。

あるいは、古代ギリシャのペルシャ戦争のように
強大なペルシャを相手に
マラトンやサラミスで戦ったポリス諸都市の敢闘や、
三国志の赤壁戦で曹軍百万を撃破した孫劉の連合軍の戦いなどと違って、
今回は小が大を破ることを要求されていません。
大が小を防ぐだけの図式です。

兵法の原則に、

 「戦略的劣勢を戦術的勝利で覆すことは難しい」

というものがあります。
前大戦での日本などはまさにこのパターンですね。

逆に、一旦、自国が戦略的優位を確立できれば
数度、戦術的敗北を重ねたところで
致命的な負けにはつながりません。


とまあ、構図的には楽勝の今回の日中対峙ですが
懸念すべき材料が2つあります。

一つは米国の国力衰退と
それに伴う東アジアでの外交・軍事関与の縮小です。

ただ、最悪、米国がアジアから完全に手を引いたところで
(中国はそれを狙っているわけですが)
日本がその位置を占めて中国包囲網の中心に座るだけのこと。
国力においては中国とほぼ同等、
軍事力においては数においては劣るものの、
技術力においては核以外はこっちが勝っています。

もう一つの懸念材料は、
日本に国家としての気概が欠けていることです。

国を守り、国益を守り、国民の生存を守るという点において
日本は「普通の国」ではありません。
外交・防衛オンチの平和ボケした国です。
この部分が一番の弱点ですし、
中国はこの弱点を突いてくるでしょうね。


要は、日本国民が迫り来たる危機を認識し、覚悟を決めることです。

この国は過去の歴史において
外国の脅威にさらされた場合、
何度も民族的沸騰を重ねてきました。

今回、足りないのは「覚悟」のみです。
国民の覚悟さえ定まれば、
この危機は楽勝で乗り越えられると思います。



スポンサーサイト
菅さんのずるいところは、
代議士会で鳩山さんの「総理が退陣云々」の発言に対して
その場で全く反論しなかったこと。

で、不信任案を否決した後で
さらっと「退陣などと言ってない」と言う。
強烈なキャラですなあ。

鳩山さんの発言内容が事実に反するというなら、
その場(代議士会)で反論すべき。
それを全くやらない。
それは岡田さんも同じ。
彼もその場にいたわけでしょう。


権謀術数は政治の常であるとしても、
今回の菅さんは許容限度を超えてますね。
国民注視の中でああいう詐欺をやるとは。
あの小沢さんにも予想外だったんじゃないかな。


日本国の首相が一個の人間としてクズだったとは。


RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。