HOME   »  情報:中央アジア
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上海であるパーティに参加したら、
化粧室で小柄な女性に声をかけられた。

「あなた、日本人ね、すぐに分かったわ」

マギーと称する女性はモンゴル出身。
今は大連で貿易をしているとかで、上海には出張で訪れたのだと言う。

「こんなところで日本人と知り合えるなんて!」と妙に喜ばれた。
外務省の調査によればモンゴル人の7割が親日感情を抱いているというが、
本当にその通りだと思った。

強い訛りがあるものの、中国語を話せる彼女は
「最近は中国がすごいのよ」と切り出してきた。
「大きい声じゃ言えないけれど、どんどん資源を持ち去っていくし、
国境を乗り越えてどんどん中国人が入ってくる。
しかも国境付近では土地まで不法に占拠されているようなの。
はっきり言って、いい気分じゃないわ」と眉をひそめた。


<鉱物資源を武器に拡大するモンゴル経済>

1990年に社会主義国から脱却、
複数政党制を導入して民主化したモンゴルの経済は、
2000年代に入ると大幅に拡大した。
1人当たりGDPは2004年からの3年間で約2倍に急増した。

しかし、2008年の金融危機と、
それに伴う輸出主要産品である銅の価格暴落のため、
モンゴルの2009年の実質成長率は前年比1.3%減まで下落した
(2008年は前年比8.9%増だった)。

マギーは「それでも最近はだいぶ経済も良くなった」と語る。

その支えとなっているのがモンゴルの鉱物資源である。
特に「タバントルゴイ炭田」「オヨートルゴイ鉱区」では、
外資の本格的な参入が始まっている。

良質な石炭鉱区として知られる「タバントルゴイ炭田」は、
埋蔵量64億トン(コークス炭は18億トン、外務省調べ)という、
世界最大の鉱区だ。
東西に2分割された西鉱区について、2011年初めに国際入札が実施された。

その結果、中国神華能源 (チャイナ・シェンファ・エナジー)が40%、
ロシア鉄道をトップとするコンソーシアムが36%、
ピーボディー・エナジーが24%の出資割合で仮決定がなされていた。
2010年にモンゴルと中国の首脳が互いの国を訪問したのも、
タバントルゴイ鉱区の権益争いが背景にある。

だが、9月に入り、モンゴル政府はこれを不承認とした。
合法性を再度確かめるというのがその理由だ。
ちなみに、この第1次選考には
日本の4商社(伊藤忠商事、双日、丸紅、住友商事)が残っていた。

銅・金鉱山の「オヨートルゴイ鉱区」も世界最大規模と言われ、
銅が約3600万トン、
金が約1200~1300トンという埋蔵量が見込まれている。

2009年、カナダのアイヴァンホー・マインズ社が、
将来の利益の「前払い金」として2億5000万米ドルを
モンゴル政府に納付することなどを含め、開発の合意に至っている。
当時、中国のチャイナルコなども強い関心を示していたようだが、
「モンゴル政府は根気強く中国を締め出した」とも伝えられている。

モンゴルの鉱業には、
元横綱・朝青龍と彼を含む格闘家3兄弟も乗り出している。
兄のドルゴルスレン・スミヤバザルは
モンゴル国家投資銀行(the National Investment Bank of
Mongolia:NIBM)の会長職にあり、また市議会議員も務める。
また、オヨートルゴイ鉱区のビジネスにも絡んでいるようだ。

ブルー・ウルフの名前で知られる元プロレスラー、
弟のドルゴルスレン・セレジブデも、朝青龍の出場停止とともに帰国し、
今やモンゴルで複数のプロジェクトに携わり、
飛ぶ鳥を落とす勢いの実業家として活躍している。

「この3兄弟は、父親とともにモンゴルで銀行・鉱業・建設業と、
手広くビジネスを動かしているのよ」とマギーは話す。


<貿易でも中国が圧倒的プレゼンス>

中国は99年以降、モンゴルにとっての最大の貿易相手国だ。
2010年のモンゴルの主な輸出相手国は、
第1位が中国(17億ドル)、第2位がカナダ(2億5970万ドル)、
第3位がロシア(2億4000万ドル)、第4位がイギリス。
日本は第11位である。

2010年、モンゴルの輸出額は29億ドルに達し、
モンゴルの輸出の8割以上を中国が占めるようになった
(同年の中国からの輸入額は32億ドル)。
2009年の銅と石炭の輸出は100%が中国に振り向けられた、
とも言われている。

また、2010年末時点での主要国の対モンゴル投資累計額は、
中国が24.7億ドルで断トツであり、
カナダの4億、オランダの2億9000万ドル、
韓国の2億6000万ドルを大きく引き離している。

モンゴルにおける主要国資本の企業数を見ても、
2010年はなんと中国が5303社、それに韓国の1973社、
ロシアの769社、日本の451社が続いているという現状である
(モンゴル大使館資料より)。

しかし、こうした状況をモンゴル国民は決して歓迎していない。
「中国のブラックゴールドラッシュ」と呼ばれる急激な進出に、
モンゴルでは空前の反中ムードが高まっている。

産業法規を無視するような「やりたい放題」の中国資本、
後を絶たない不法入国、衛生観念の欠落、
地元女性をほしいままにする素行の悪さ・・・。
「それは日々の新聞の見出しになるほどよ」とマギーは言う。

南北を中国とロシアという2大国にサンドイッチされた、
モンゴルの地政学的な恐怖に加え、
「清朝までは中国の領土だった」という歴史的な反感、
さらに、ぞくぞくとなだれ込んでくる中国人に
職を奪われるのではないかという不安――。
こうした脅威にさらされ、
最近のモンゴル人の感情は決して穏やかではない。


<中国との国境沿いで高まる危機感>

中国との国境沿いの街にも変化が見られる。
中国との交易・物流拠点が多数でき、急速な都市化が進んでいる。
しかしマギーは「国境沿い」の変化に大きな不安を感じるのだという。

「国境付近では、土地まで不法に占拠されていると言われているの」

「中国国内に住む場所がなくなった中国人が
国境を越えてどんどんモンゴルに侵入」・・・、
そんなことがあり得るのかとも思うが、
中国では確かに「土地資源の不足」が顕在化している。

中国の資料によれば、中国の1人当たりの土地面積は0.74ヘクタール。
ロシアの11.4ヘクタールやカナダの30.5ヘクタール、
アメリカの3.3ヘクタールに比べても、
かなり低い数字であることが分かる。

他方、中国語のサイトをクリックすれば、
「忘れられない中国の国土、それはモンゴル」
「モンゴルはなぜ中国から分裂したのか」などと、
“愛国の士”たちが清朝に歴史をさかのぼり、
気炎を上げる様子が伝わってくる。

同時に、中国国内では
不動産が高騰して一般市民が住宅を買えなくなったことを背景に、
「モンゴルのパオにでも住むしかない」などの
ブラックジョークも飛び出すようになった。

打つ手はないのかとマギーに尋ねると、
「モンゴルの人口は300万人にも満たない。
この広い土地で、とても国境沿いなどを
管理する余裕なんてないわよ」とのこと。
もはや人間の数からしても、対抗する手立てはないようだ。

別れ際、マギーは自分のお腹を指さしてこう言った。
「私たちの中国に対する感情は、
母親のお腹にいる頃から言い含められているのよ」。
中国への恨みや嫌悪感は骨の髄までしみ込んでいるようだ。


<モンゴルは「脱亜入欧」を目指す?>

さて、2011年10月、
モンゴルのエルベクドルジ大統領はBBCのインタビューを受け、
資源の輸出先を
「中国1国だけに依存する状態は望んでいない」と回答した。
国境を接する国ではあるが、
中国への依存度を高めることに大きな警戒を抱いていることが分かる。

中国による「ブラックゴールドラッシュ」を避けんがために、
モンゴルは外交戦略を大きく転換させた。

軸となるのが「第3の隣国政策」。
中国やロシアに傾斜せず、
米日韓、そして欧州との積極外交に乗り出そうというものだ。
実際に10月28日、モンゴルは欧州安全保障協力機構(OSCE)への
加盟申請を正式に提出している。
中国紙は「モンゴルの脱亜入欧」と書いた。

中国に近接するアジアの国々は、一様に中国問題に頭を痛めている。
特に国境を接する各国は
これまでの歴史の中で育まれた「近親憎悪」の感情を抱えつつ、
難題を克服するための必死の舵取りを迫られている。


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/30549


スポンサーサイト
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。