HOME   »  情報:軍事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野田佳彦首相は2日、
英国と武器(装備品)の共同開発に踏み切る方針を固めた。
昨年12月の「武器輸出三原則」緩和により初めて可能となった。
英政府は日本が高い技術力を誇る155ミリ榴弾砲(火砲)の
「自動装填(そうてん)装置」など4案件の共同開発を打診している。

野田首相は、キャメロン英首相が4月に訪日した際の首脳会談で
正式合意したいとの意向を示しており、
外務、防衛両省は共同開発に関する事前協議を加速させる。

 
初めての共同開発の相手国を英国にしたのは、
ライセンス生産や技術移転での制約が少ないからだ。
米国が兵器システムの技術移転に厳しい制約をかけるのとは対照的で、
日本の防衛産業が最新技術を吸収できるメリットは大きい。
英国は輸出管理が厳格で、
武器が紛争当事国に移転される危険性も低いと判断した。

航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)選定をめぐる、
英政府の熱意に報いる意味合いもある。
キャメロン首相は2度の電話会談で
欧州共同開発のユーロファイター導入を野田首相に求めたが、
政府は昨年12月、米国が開発を主導した、
F35ライトニング2の導入を決めた。
首相はその頃から共同開発の相手国として
英国を本命視するようになったという。

自動装填装置は日本の国産技術で、
砲弾と火薬を一緒に収めたカートリッジを
自動で砲身に詰められるのが特徴。
装置を組み込んだ陸上自衛隊の「99式自走155ミリ榴弾砲」は
発射間隔が短く戦闘能力も高い。

これに対し、英軍の自走155ミリ榴弾砲「AS90」改良型は
砲弾と火薬を別々に砲身に詰める旧式システムで改善を迫られていた。

陸自は平成24年度予算案に榴弾砲開発費を計上しており、
英側はこれを日英共同開発に持ち込みたいと考えているとみられる。

英側は艦艇のエンジンなど3案件での共同開発も打診している。
榴弾砲は「殺傷」「戦闘」をイメージさせるため、
政府内では、中国や韓国の反発を避けるため、
人道支援や災害救援用の装備から共同開発に参入すべきだとの声もある。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000508-san-pol


スポンサーサイト
田中直紀防衛相は29日午前の衆院予算委員会で、
次期主力戦闘機(FX)として導入する計42機のF35戦闘機のうち、
2016年度中に先行調達することになっている4機について
「正式な契約に至るのは夏前だと認識している」と述べた。
その上で、価格が高騰した場合の
契約取りやめや機種変更の可能性に言及した。
自民党の石破茂前政調会長への答弁。
 
米ロッキード・マーチン社製のF35は、
開発の事情で、納期の遅れや価格の上昇が懸念されている。
防衛相は「この(夏前の)時期に至っても
(価格や納期など米側の)提案内容が実現できない事態になれば、
わが国の防衛力整備が不安な状況になる。
契約を取りやめるか、新たな機種選定に入ることも
視野に入れなければいけない」と語った。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000058-jij-pol


航空自衛隊の次期戦闘機(FX)に決まった、
F35(米ロッキード・マーチン社)の調達価格は、
選定時の一機八十九億円より
三十三億円以上高くなる可能性があることが分かった。
防衛省は米国防総省に書簡を送り、価格維持を求めているが、
F35が開発途上で、
価格、納期とも不確実なことを承知のうえで選定した経緯から、
値上げにも応じるとみられる。 

米政府は、日本が調達する四十二機すべてを、
米政府が主導権を握る有償軍事援助(FMS)とすることを求め、
防衛省は来年度予算で調達する四機をFMSで輸入する。

米政府は選定時に一機八十九億円の価格を提示したため、
防衛省の来年度予算案にも同額で計上されたが、
今月中旬に米国で発表された二〇一三年会計年度国防予算案は、
米軍の調達価格が日本より高い一機百二十二億円となっている。

FMSによる武器売却は、米国内法の武器輸出管理法の規定により、
米軍の調達価格より高く売ることを義務づけている。
米軍向けより安く売ると米国民がその差額を負担することになり、
適切ではないとの理由からだ。

同法に従えば、新たな日本向け価格は百二十二億円以上となり、
選定時より三十三億円以上高騰する。
防衛省は十三日付で米国防総省に書簡を送り、
「価格高騰した場合、調達を中止する可能性がある」と
選定時の価格を維持するよう求めた。

最初の四機が値上がりすれば、
一三年度以降、三菱重工業がロ社の下請けとなって生産する三十八機は
少量生産の国産品を組み込むため、さらに高騰するのは必至だ。

FXは米欧の三機種が候補となり、F35だけが未完成。
実戦配備された他の二機種との競合を避ける狙いからか、
実際に飛ばして性能を比べる飛行審査を行わない、
異例の選定手法がとられた。


<有償軍事援助(FMS)> 
米政府が機密性の高い米国製武器を有償で売却する方式。
(1)価格、納期は米政府が決める
(2)代金は前払い
(3)米政府は一方的に契約解除できる
という条件を受け入れる国にのみ武器を提供する。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012022602000028.html


米紙ニューヨーク・タイムズは20日、米国防総省筋の分析として、
イスラエルがイランの核施設を攻撃する場合、
約100機の攻撃機に空中給油を施すなど
「大規模で極めて複雑な作戦」になると報じた。

 
◆米国防総省が分析

軍事専門家は、米軍が支援したとしても
核施設の完全破壊には何週間もかかると分析しており、
イランの報復攻撃で中東情勢が泥沼化することへの懸念も深まっている。

同紙によると、イスラエル空軍は
イランに到達するために片道1600キロ以上も飛行し、
空中給油が必要になる可能性も高い。
近代化されたイランの防空網をかいくぐるため、
上空からレーダーを妨害する電子戦も必要となる。

また、イランの核施設は
ウラン濃縮が行われるナタンツとフォルドゥ、実験用重水炉のあるアラク、
濃縮ウランの原料となるウラン精鉱(イエローケーキ)が生産される、
イスファハンに分散しており、4施設への同時攻撃が欠かせない。

イランと国境を接していないイスラエルは、
トルコかサウジアラビア、ヨルダン、イラクの上空を飛行するしかない。
専門家はイランへの最短距離で、
防空体制も甘い“イラクルート”が最有力と指摘。
その他のルートでは空中給油が不可欠となり、
作戦は難度を増すとの見方を示している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000098-san-int


日本による最新鋭戦闘機F35導入をめぐっては、
昨年12月の選定前から、米国防総省幹部らが
機体の不具合など開発遅れに関する懸念を表明、
価格の高騰や納期の遅れを危ぶむ声が高まっていた。
今回明らかになった、導入見直しもあり得るという日本側の働きかけは、
選定条件である価格と日本企業参加への確証を米側から得ないまま、
見切り発車的にF35導入を決めた可能性が高いことを裏付けた形だ。

日本周辺では最近、中国がJ20(殲20)、ロシアがT50など、
第5世代と呼ばれるステルス戦闘機の開発を急ピッチで進め、
防空をめぐる安全保障環境は悪化しつつある。
加えて、F4は老朽化が著しく、
後継機として白羽の矢が立ったF35への期待は大きい。

レーダーに捕捉されず、静かに攻撃目標に近づいて
「圧倒的な破壊力」(製造元のロッキード・マーチン社)を
発揮するF35。
米軍は機動性を重視した空軍、空母艦載型の海軍、
垂直離着陸型の海兵隊仕様の3機種を開発中で、
最終的には2443機配備する方針だ。

しかし、3機種の開発と生産を
同時並行で進めた米軍の調達方法がもはや限界に達し、
価格高騰と納期の先送りが不可避という厳しい現実は、
日本を除く同盟国間では周知の事実だ。

F35の開発と生産に責任を持つ、
内局トップのケンダル米国防次官(調達・技術担当)代行は
「試作機の試験飛行前に生産を決めたことは失敗だ。
生産ペースを遅らせるため、機体価格は高騰する。
同盟国の買い控えも価格高騰の原因」と指摘。
シュワルツ空軍参謀総長も「量産計画の決定時期は未定」と語っている。

米国自身、2013会計年度予算案でF35の一部取得を遅らせ、
13~17年度までの5年間で179機分の先送りを発表した。

財政難に悩む共同開発国のイタリアは
当初調達予定の131機から41機減らし90機に修正し、
7年間で65機を調達予定のカナダ、
18年までに14機調達予定のオーストラリアも計画の見直しを表明した。

F35の選定後になって
価格維持と日本企業参加の確証を求める日本側だが、
米関係筋は「契約にもないのに米側が価格上昇分を
米国人の税金で穴埋めしてまで日本に売却することはあり得ない」と言う。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000096-san-int


RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。