HOME   »  情報:アフリカ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三井物産や三菱商事など大手商社や農業機械メーカーなど30社は、
今年5月にもアフリカのモザンビークに
大規模な官民連携による農業開発調査団を派遣する。
国際協力機構(JICA)が主導するプロジェクトで、
同国北部を世界有数の食料倉庫にすることを目指す。
双日もアンゴラで農業に参入する方針のほか、
三井物産も今月、ケニアで事務所の営業を開始するなど、
今年は商社を中心に日本企業によるアフリカビジネスが加速しそうだ。

 
◆世界の一大倉庫に

モザンビークでの農業支援事業は、
同国北部のナカラ回廊と呼ばれる熱帯サバンナ地帯で
農業開拓を活発化させる計画。
JICAが近く、民間のコンサルティング会社を起用して
基本計画作りに乗り出す。
5月には大手商社、農業機械メーカーのほか、
同国と同じポルトガル語圏のブラジル企業など約30社による、
農業開発の日伯合同調査団をモザンビークに派遣する。

この構想は、日本の技術と資金を投じブラジルのサバンナを農地に変え、
米国に並ぶ大豆輸出国に押し上げた「セラード開発」の成功体験を
モザンビークで再現するもの。
ナカラ回廊のナンプラやリシンガといった都市で具体策を検討する。
同地域を「世界有数の食料倉庫に変貌させることで
日本や世界の食糧安全保障に貢献する」
(JICAの坂口幸太調査役)狙いだ。

調査団に参画する商社としては、
いち早くアフリカでの農業支援に参画することで、
将来、大規模農業を展開するとともに、
農作物の輸出ビジネスに関与したい考えだ。

双日は、アンゴラで肥料原料プラントの共同受注を決めた。
「人口が少なく輸出余力のあるアンゴラで農業に参入したい」
(双日の加瀬豊社長)考えで、
中途採用したアフリカ駐在経験のある元外務官僚を
昨年11月末に同国に派遣した。

同社は、ブラジル大手ゼネコンのオーデブレヒトと共同で、
同国最大のバイオエタノールや砂糖事業を手掛けている。
双日としては、アンゴラで多数の実績を持つ、
オーデブレヒトとの共同事業も視野に入れる。

 
◆雇用創出にも寄与

モザンビークで世界最大規模ガス田の開発に乗り出す三井物産は、
同国などに続き、ケニアでも営業を開始する。
同社の飯島彰己社長は
「アフリカで農業や資源開発に取り組みたい」と意気込みを語る。

モザンビークでアルミ精錬事業の運営に参画する三菱商事は、
農業支援以外にも、アフリカで学校建設や地雷除去作業など、
社会貢献事業を加速するなど多様な取り組みを通じ、
次の一手を模索する。

アフリカでは豊富な資源を狙う中国が、
巨額の中国借款を背景に進出を加速している。
ただ、労働者ごと輸出するインフラ受注は
地元の雇用の増加にはつながらず反発も根強い。
ザンビアでは「反中国」路線を掲げた新大統領が当選した。
このため「雇用創出につながる技術を持つ、
日本への期待が高まっている」(大手商社首脳)。

日本政府としても、民間と連携した技術協力などの支援により、
13年春に開催予定の次期アフリカ開発会議で
日本の存在感を打ち出し、日本勢のビジネスを後押ししたい考えだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120108-00000011-fsi-bus_all


スポンサーサイト
資源立国のザンビアにも吹くアンチ中国感情。
新大統領は反中国派の領袖、猛烈な中国批判が始まった。


資源リッチのくに、ザンビアって何処になるかご存じでしょうか?
西にアンゴラ、北はコンゴ、南はジンバブエなど、
七つの国と国境を接する内陸国家。
もともとは英国領北ローデシア(南ローデシアが現在のジンバブエ)。
国土面積は日本に二倍もあり、人口は日本の十分の一、
治安がめっぽう悪く、強盗は日常茶飯。

このザンビアの銅鉱山を四つ、中国企業が経営している。
旧宗主国の英国企業もあるが、微々たるもの、
観光資源はヴィクトリア瀑布。
 
ザンビアの主要輸出品目は銅、ならびに銅鉱脈に随産出するコバルト。
GDPの60%が銅の輸出、最大顧客は中国様。
日本はコバルトを少量輸入している。

さて問題は新大統領のサタが「アンチ中国派」の代表選手、
この九月に当選したばかりだが、
万年野党だったサタが国民の多くの支持をえた理由は
「反中国感情」なのである。

銅鉱山で、ザンビア人を奴隷のように酷使し、残業手当はつけず、
十二時間酷使するが、現場の安全対策はおざなり、
05年の爆発事故では51名が死亡した。

人権は無視され続け待遇改善を要求して労働組合が立ち上がると、
なんと中国人マネジャーらは労働者を銃撃して多くの死傷者がでた。
これは2006年の事件で、一気に反中国感情が燃え広がった。

爾来、労使対立のまま、
中国企業は不満を抱く労働者をつぎつぎと馘首するので、
貧困にあえぐ人たちはけっきょく、
中国企業の安賃金でも働かざるを得ない。
ほかに雇用がみつけにくく、町にはエイズ患者がうようよしている。
 
サタは大統領選挙でも「中国をたたき出せ」と訴えてきた政治家。

AP電(11月4日)によれば、『国際人権ウォッチ』が
122ページのザンビアにおける人権問題報告書をだし、
中国企業の人権無視、労働者抑圧の悲惨さを指摘し、
「一向に改善の跡が見られず」とした。


http://melma.com/backnumber_45206_5329515/


国連本部(CNN) 国連のネシルキー報道官は3日、
アフリカ東部ソマリアの飢餓被害が
首都モガディシオを含む3地域に新たに波及したと発表した。
同国での飢餓は干ばつや長引く内戦が原因となっている。

首都での飢餓発生は過去2カ月間、
大量の国内避難民が流入したことが要因となっている。
飢餓が新たに拡大したのはモガディシオのほか、
首都西方にあるアフゴーイエ回廊とシャべーラ地方。

国連は今年6月、ソマリア南部の2地域で飢餓被害を認定。
ソマリアを含む「アフリカの角」諸国での広範な干ばつ被害では
住民1200万人以上に援助が必要とも指摘していた。

ソマリアではイスラム過激派勢力と暫定政府軍との衝突が続き、
飢餓や干ばつに対する救助活動が停滞している。
イスラム過激派勢力が支配するソマリア南部では
住民の栄養失調は総人口の半分に迫っているという。

国連の人道問題調整事務所によると、
ソマリアで戦闘を逃れた国内避難民の首都流入は
ここ数週間で約10万人に達した。
国内で支援を必要としているのは370万人以上で、
生存のための緊急援助を必要とする約130万人の子どもも含まれる。
極度の栄養失調状態にあるのは約64万人としている。

ソマリア暫定政権に肩入れするアフリカ連合(AU)によると、
同国南部を支配するイスラム過激派シャバブは1日、
イスラム教のラマダン(断食月)入りを迎えて攻撃を宣言し、
モガディシオ北東部では激戦が起きた。
政府軍の支配は首都以外の地域に及んでいないのが実情だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110804-00000014-cnn-int


スーダンから分離した「南スーダン共和国」が9日、
独立を正式に宣言し、アフリカで54番目の新国家が誕生した。
ただ、スーダンとは原油収入の配分をめぐる協議が難航するなど、
緊張が高まりこそすれ関係改善は進んでいない。
20年以上に及ぶ内戦を経て生まれた新国家・南スーダンは、
貧困や治安対策など多くの課題を抱えたまま船出した。

「南スーダンの大統領として国家の一体性と人々の尊厳を守っていく」

首都ジュバで行われた独立式典で、
旧南部自治政府トップだったサルバ・キール氏はこう宣言し、
南スーダン初代大統領への就任を宣誓した。
国旗や国歌などもお披露目され、
会場を埋め尽くした市民からは終始、大歓声が上がった。

式典には、各国の元首や高官らとともに、
南スーダン政府を主導するスーダン人民解放運動(SPLM)と
長年対立してきたスーダンのバシル大統領も出席した。

スーダンは前日の8日、南スーダンを公式に承認すると発表。
西部ダルフール地方での紛争で国際刑事裁判所(ICC)から
「人道に対する罪」に問われ、
国際的な注目を集める舞台を避けている、
バシル氏自身が式典に参加することで、
独立に最大限の「歓迎」の意を示した格好だ。

しかし、その一方でバシル氏は、
南北国境に近い南コルドファン州で
政府軍と衝突を繰り返すSPLM系民兵の掃討を指示、
係争地の油田地帯アビエでも譲歩する姿勢はみせていない。

こうした動きについて
隣国エジプトのシンクタンクのスーダン専門家は
「独立前後の混乱を避けたい南スーダンが
強硬姿勢に出にくいことを見越し、
バシル政権は国内のSPLM系勢力に打撃を与えようとしている」
と分析。

当面は、原油収入の配分交渉の長期化などを見据え、
スーダン国内に影響力を残したい南スーダンと、
それを排除したいバシル政権との緊張が続くとも予測する。
原油輸出がスーダンの国庫収入に占める割合は約6割、
南スーダンでは9割超にも達する。
原油以外にほとんど産業がない南スーダンにとっては、
交渉が長引けばその分、インフラ建設の遅れなどは避けられない。

民兵を含むと数十万人ともいわれる兵士の収入確保に影響が出れば、
新政府の不安定要因となる可能性もある。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110709-00000547-san-int



スーダンのバシル大統領が28日にかけての夜、
中国首都・北京に到着した。

バシル大統領は北京に26日に到着する予定だった。
3日間にわたる公式訪問では当初、
中国の胡錦濤国家主席との会談が27日に予定されていたが延期となり、
29日に実施される見込み。

スーダン外務省が伝えるところによると、
バシル大統領が乗った航空機は26日、
トルクメニスタン上空を通過した時、
中国への進入ルートを変えるよう指示が出された。
他の進入ルートがなかったため、イランへ戻らざるを得なかったという。

国際刑事裁判所(ICC)は2009年、
バシル大統領に対してダルフール紛争を巡り、
戦争犯罪と人道に対する罪の容疑で逮捕状を発行した。
中国は、バシル大統領が中国で逮捕されることはないことを保証した。

中国はスーダン経済に多くの投資を行っている。
スーダンは、アフリカ諸国の中で
3番目に中国との貿易額が高い国となっている。  


http://japanese.ruvr.ru/2011/06/28/52509075.html



RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。