HOME   »  情報:中南米
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルゼンチンと英国が領有権を争い、
1982年には軍事衝突も起きた南大西洋上にある英領フォークランド
(アルゼンチン名マルビナス)諸島の主権論争が再燃している。

背景には、空軍パイロットである英ウィリアム王子が来月、
同諸島の基地任務を開始することで新たな注目を集めていることに加え、
アルゼンチン国内で領有権を要求する声が高まっていることなどがある。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は25日、
英国は天然資源、石油や魚類資源を奪っていると改めて非難。
同時に、英国に対し主権論争に関する協議の開催を呼び掛けた。
諸島付近の海域では近年、英企業が油田開発を進めている。

これに対し英国のキャメロン首相は
アルゼンチン内で新たに高まる領有権の主張を批判し、
同諸島に付与されている自治権の支持を表明。
現地住民が英国への帰属を希望している事実も踏まえ、
アルゼンチンの主張は植民地主義に匹敵すると指摘し、
アルゼンチンの政治家らの反発をさらに買った。

首都ブエノスアイレスでは今月、
デモ隊が英国国旗を燃やし、断交を要求する抗議行動もあった。
同国の国営Telam通信によると、上院議会は26日に
キャメロン英首相の発言を非難する決議採択のための会合を開く。

フォークランド諸島の住民数は約2500人。
地元行政当局によると、英軍基地には兵士1700人が駐とんしている。
英国防省は昨年11月、ウィリアム皇太子の同基地への赴任を発表した。
諸島に派遣される空軍操縦士4人の1人となっている。
皇太子は英ウェールズの基地で
捜索救援のヘリコプター操縦士としての任務に就いていた。

1982年に起きた同諸島での軍事衝突はアルゼンチンの占領が原因で、
同国兵士に600人以上、英軍兵士255人の犠牲者が出た。
紛争後、英国は支配権を取り戻していた。

フォークランド諸島の領有権論争がぶり返される中、
アルゼンチンも加盟する南米南部共同市場(メルコスル)は先月、
同国の側面支援を決定し、
フォークランド諸島の旗を掲げる船舶の国内寄港を禁じる決定を下した。
メルコスルには、ブラジル、ウルグアイや
パラグアイなどが加入している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000019-cnn-int


スポンサーサイト
ブラジル地理統計院が6日発表した、
今年7~9月期の国内総生産(GDP)は、
前期比0・0%増とゼロ成長に陥った。

欧州債務危機などを背景とした世界経済減速や通貨レアル高が要因。
日米欧の先進国とは異なり高成長を誇った有力新興国では
中国、インド経済も減速し、
世界経済は「けん引役不在」の状況に陥る恐れが強まってきた。

ブラジルの7~9月期は、
物価高に伴う個人消費の停滞と製造業の減速が顕著。
個人消費は0・1%減と
2008年10~12月期以来のマイナスを記録した。

同国では、景気の過熱と物価高を理由に
中央銀行が今年1~7月に5回にわたり政策金利を引き上げ、
景気引き締めを図った。

その後、利下げに転じたが、
昨年の7・5%成長のような高成長は見込めず、
今年の成長率は3%前後とみられている。


http://www.sankeibiz.jp/macro/news/111207/mcb1112070845029-n1.htm


キューバで療養中のベネズエラのチャベス大統領は6
月30日に放送されたテレビ演説で、
がんの摘出手術を受けていたことを明らかにした。
「手術は成功した」と述べたが、帰国のめどは立っておらず、
このままキューバ滞在が長引けば、求心力低下は避けられない状況だ。

チャベス氏は8日にキューバ入りした際、体調不良を訴え、
10日に骨盤膿瘍(のうよう)の手術を受けた。
その後、3週間近くも沈黙、重病を患っているとの情報が流れていた。

手術後初めてとなった演説でチャベス氏は
「(病気との)戦いに勝つ」と強調し、
引き続き政権を担う意欲を表明したが、
いつ帰国できるのかなどについては明らかにしなかった。

ベネズエラ外務省は29日、
7月5日からベネズエラで予定されていた、
「中南米カリブ海諸国共同体」首脳会議の延期を発表しており、
チャベス氏の早期の帰国は困難とみられている。

ベネズエラではこれまで
「後継の議論はなかった」(外交筋)とされるが、
今回の不在をきっかけに
与党内で後継争いが始まる可能性も指摘されている。
米紙ウォールストリート・ジャーナルは、
後継にハウア副大統領、ラミレス国営石油会社社長、
チャベス氏の兄アダン氏の名前が取り沙汰されていると報じた。

野党側も、
「(執務がとれない状況で)大統領権限を副大統領に委譲しないのは
憲法違反だ」などと主張、
2012年の大統領選を前倒しで実施するよう要求し始めた。

もっともハウア副大統領は権限の一時委譲について
「私に弓を引かせようとするのか」と述べたとされ、
権力の“奪取”には及び腰のようだ。

演説の収録日時は不明だが、
以前よりやせ、声を震わせる場面などもあった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110702-00000088-san-int



アルゼンチン政府が今月、
同国沖の大西洋に浮かぶ英領フォークランド諸島出身の男性に対し、
アルゼンチンの「国民身分証」を付与した。
フォークランド諸島は、同国政府が領有権を主張して
1982年に英国と戦火を交えた場所で、
同諸島出身者に身分証を発行したのは紛争後初めて。
同諸島がアルゼンチン領であると主張したに等しく、
今後、英国との領有権争いが再燃する可能性もある。


現地からの報道によると、
アルゼンチンの出生証明書である「国民身分証」を付与されたのは、
同国人女性と結婚し、首都ブエノスアイレスに住む英国人芸術家。
自ら身分証取得を望み、
フェルナンデス大統領から14日に付与された際には、
「アルゼンチンこそ私の国だ」と語った。

フォークランド諸島には約3千人の英国人が住む。
若者の中には、ブエノスアイレスの大学に通うなどして
アルゼンチンに愛着を持つ者も少なくないという。

男性の父親は、フォークランド紛争時、
英国兵としてアルゼンチンと戦ったが、
男性はマルビナス諸島(同諸島のアルゼンチン名)の統治者は
南米の国であるべきだ、と主張する。

今年10月に再選を狙うフェルナンデス大統領は
「私たちは、失ってはならないものを返還してもらうべく
声を上げ続ける」と強調、英国に領有権交渉の開始を呼び掛けた。

しかし、キャメロン英首相は「終わった話だ」と事実上黙殺。
これに対し、同諸島に近く、愛国的空気に満ちた南部パタゴニア地方で
政治キャリアをスタートさせた大統領は、
「21世紀なのに英国は依然、植民地主義国家であり続けている」と
かみついている。

ガルティエリ元軍事政権が軍を侵攻させ、
約3カ月後に敗北で終わったフォークランド紛争については、
アルゼンチン国内で「避けるべき紛争だった」などと、
否定的な見方も少なくない。
ただ、同諸島の領有権を主張する声は依然強く、
今回の身分証付与を契機に右派勢力が勢いづいた場合、
英国との領有権争いがぶり返される恐れもある。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/513286/


RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。